Skip to main content
Completion requirements

5. GeoNodeからWFSレイヤを読みこむ

groundwater_monitoring_wells_Coordinates レイヤをダウンロードする代わりに、QGISとMASDAPのGeoNodeとを接続し、QGISプロジェクトにWFSとしてレイヤを読み込みます。

1. QGISプロジェクトに戻ります。

2. ツールバーのデータソースマネージャを開く ボタン  をクリックします。

3. GeoNodeタブを選択します。

4. 新規ボタンをクリックし新しいサービス接続を作成します。

5. 新しいGeoNode接続を作成ダイアログで、名前にMASDAPをURLにhttp://www.masdap.mwを入力します。

6. 接続テストをクリックします。

テストが成功すると、このポップアップが表示されます。

接続に失敗する場合は、インターネット接続環境やURLを確認してください。

7. OKをクリックしポップアップを閉じます。

8. ダイアログのOKをクリックしてダイアログを閉じると、新しい接続が追加されます。

9. 接続ボタンをクリックします。

これで、GeoNode 上のレイヤーが一覧表示されます。

10. フィルタにgroundwaterと入力します。

groundwater_monitoring_wells_Coordinates layer がWMSとWFSWebサービスとして表示されます。

WMS(Web Map Services)は、データの画像をレンダリングしたものです。データを素早く視覚化するのに便利です。WFS(Web Feature Services)は、GISでの分析にさらに利用できるベクター形式の地物です。ここでは、WFSレイヤーを使用します。

MASDAP layers

11. WFSレイヤをクリックし、追加ボタンをクリックします。ダイアログを閉じます。

これで、プロジェクトは下の図のようになります。

Wells layer of Malawi added

次のセクションでは、GeoNode WFSレイヤーをローカルのGISベクターファイルにエクスポートします。